【配布】おちんちんの勃起過程をコントロールする「Penis Controller」とふたなりの覚書

Click to translate to English

Virt A Mateでペニスの勃起過程をお望み通りにコントロールするプラグイン「Penis Controller」を作りました。

このプラグインを使えば、包皮が亀頭から自然に剥けていく勃起過程を楽しむことができ、勃起時のペニスの大きさや曲がり具合をコントロールすることができます。

早速機能解説に移ります。

Penis Controller の機能解説

解説動画ではふたなりキャラを使っていますが、男性にも適用可能です。

スライダーによるなめらかな勃起

Intensityスライダーによって、ペニスの弛緩と勃起を遷移させることができます。

0が弛緩、1がフル勃起です。

このIntensityスライダーを、Animation TriggersなどのVaMの機能で制御することで、なめらかにアニメーションさせることができるようになります。

当記事の解説動画では、Omni Triggerというプラグインを使ってキーボード操作でIntensityを増減させています。チンピクなどもこのプラグインのPumpをAnimation Triggersで制御することで表現しています。

勃起時の歪曲・硬さ

Angle, Curveで始まる各種スライダーによって、勃起時の歪曲をコントロールできます。弛緩時はスライダーの影響を受けずブラブラし、勃起していくほどスライダーの影響が大きくなります。

また、Hardnessで勃起時の硬さを調節します。最大まで上げると勃起時にガチガチに硬くなります。

なかなかおまんこやアナルに入らない、抜けてしまうというときは、硬くするだけでなくちょっと柔らかくしてあげることで挿入がスムーズになることもあります。

Enable adjust Angle & Curveのチェックを外すと歪曲や硬さの調整が無効になります。挿入補助機能のあるSexプラグインなどと競合してしまう場合は無効にしましょう。

サイズ調整

サイズ調整機能は、ボーン調整を含むモーフを使うためCPUの負荷が増え、シーンの状況によってはカクつきやすくなります。

プラグイン標準時の勃起サイズは、全長は医学的な採寸で19cm超え、太さは竿も亀頭も最も太いところで直径5cm超えと、かなりでかいです。

これは、大多数のユーザーがこれくらいのサイズは欲しがるという予測のもと、サイズ調整で負荷を増やすことなく利用できるようにしたサイズです。

かなりでかいですが、Base Bodyを適用した身長160cmほどのキャラのおまんこやアナルに対しても、無拡張で普通に挿入できるサイズです。より低身長のキャラに挿入したい場合や、サイズダウンさせたい場合は、Adjustable Girthで細くすることができます。

Adjustable LengthとAdjustable Girth

勃起時と通常時の長さ、太さををそれぞれ調節可能です。チェックを入れると機能するようになります。

Girthは変化させすぎると包皮剥けが破綻してしまうので、調整幅はあまり大きくありません。

プラグインの標準では、ギャップ趣向で通常時と勃起時で結構派手にサイズが変わりますが、勃起時の長さや太さをマイナスにするなどして、通常時と勃起時の長さの変化を抑えると、より現実的な勃起にできます。ただ、CPU負荷はかなり高くなります。

LengthとGirthは、弛緩時と勃起時の値を同じにする(またはチェックを外す)とCPUへの負荷はかからなくなります。

Overall Size

通常時・睾丸を含めたペニス全体をサイズアップさせます。他のモーフでサイズを大きくしようとすると包皮剥けが機能しなくなりますが、この機能を使うことで包皮剥けを維持しつつ無段階でサイズ調整が可能になります。

単純に大きくなるだけでなく、巨大化させるほど凶悪な造形になります。竿の前方が中太りし、尿道海綿体が異様に隆起するほか、亀頭が張りカリや溝の凹凸が強くなります。睾丸も肥大し、勃起時には皮が突っ張りパンパンになります。きれいなチンポが好きな人、ごめんね。

不格好に歪曲させると、それっぽくなるとおもいます。


ある程度以上長茎化、巨大化させると、ペニスの根本のボーンが他のオブジェクトと干渉し、最大勃起前後でなめらかに角度が遷移しなくなる場合があります。

Penis Height

身長を低くするなどして胴回りの高さが狭くなるとそのままペニスが縦に潰れます。女体化の時点で少し平べったくなり、身長も調整するのでふたなりはペニスが平べったくなりがちです。

Penis Heightで縦幅を調整できます。こちらは普通にモーフをプラグインのUI内でいじるだけのものですので、CPUに負荷を与えません。

グロス調整

勃起する過程で血管が浮き出て、張りに伴ってテカる様子を表現する機能です。

Adjust Glossという名称ですが、Gloss, Diffuse Bumpiness, SpecularBumpinessの3つの値を調整します。Gloss Texture Offsetは調整しないので、この値が低すぎると効果が感じられません。

全身のGlossが調整されるため、ペニス以外もテカります。顔や体のスペキュラやグロスを控えめに、ペニスだけ激しく調整したテクスチャを使うと、体がテカりすぎるのを抑えることができます。

プラグインのダウンロードと適用方法

ダウンロード

ファイルをVaMのルートフォルダに解凍することで利用可能になります。

Hanaのふたなりモデルのダウンロード

当プラグインがあっても、現状日本人向けのふたなりキャラは手軽に入手できず、自力で変換や合成をして用意しなければなりません。これではプラグインも報われないので作業不要でふたなりを楽しめるよう、ふたなり版を用意しました。

Hanaを入手済みの方は、新たにHanaのふたなり用テクスチャを追加アップロードしたので、入手先(BOOTH or Gumroad)からダウンロードしていただけます。

Appearanceデータも同梱されており、読み込めば生えてるHanaを呼び出せます。

ただし、このHanaにはペニスのテクスチャは含まれておりませんので、別途入手して適用する必要があります。Appearanceを読みこんでも、ペニス周りだけ質感が違うものになります。

Lange氏がHana Futa用のペニスを作成・配布してくださっているので、リンクをおいておきます。

Mega

こちらのテクスチャどこかに配置し(VaMルートフォルダ/Custom/Atom/Textures/下にMaF/Hana Futaとかフォルダを作って配置するのが良いと思います)、「Mass Import From Directory」からフォルダごと選択して読み込むことで適用できます。シームレスできれいです。感謝。

適用方法

ペニスを管理したい人物AtomのPluginsタブから、Penis Controller.csを適用します。(ファイルブラウザの左側のShortcutsから、MaF.PenisContoller~を見つけてください。)

Male Morphsタブで男性のモーフを完全にゼロ(Zero…→All)にした上で、「MVR_G2Female」を1.00にすることが前提になっています。

Morphsタブでのペニスのカスタマイズについて

包皮向けを維持する場合、主に亀頭を変形させるペニスモーフが使用できません。ただし、亀頭の変形しないモーフや一部のモーフは適量なら使用できます。

睾丸に関してはMorphsタブで弄っても動作に支障ありません。

既知の問題

Glossが効かなくなる

すでに当プラグインを適用済みの保存されたシーンを初回ロードした時や、Skin Selectで別のSkinを適用したりすると、Enable adjustable glossにチェックが入っていてもグロス調整が機能しなくなることがあります。

チェックボックスをオン・オフすると最適用されます。

きれいにペニスが反り立たない

サイズ調整の項目にも書きましたが、大きすぎると勃起の終盤で詰まったようになり、角度がそれ以上あがらなくなることがあります。Hardnessを少し下げる、横方向の歪曲を加える、サイズを少し小さくする、短くするなどして調整してください。

なめらかにアニメーションしない

VaM1.20で物理に関係する改良が加えられたことによる副作用で、ボーンの調整を含むモーフがなめらかに変形せず、変形中にカクつくようになりました。(体感では24fps以下)

MeshedVR曰く以前のように戻すことができる予定とのことなので、しばらくアップデートを待ちましょう。

ふたなり覚書

いつか別記事でまとめたいと思いますが、VaMのふたなりに関するTipsを書いておくので参考になさってください。

ふたなり化の方法

VaMのモデルには男性と女性があり、ふたなりは男性モデルを女体化したものです。

モーフを女体化

両性とも股間回り以外のモーフは共通して適用することができます。男性と女性では初期の体型が異なりますが、Male Morphsタブで男性のモーフを完全にゼロ(Zero…→All)にした上で、「MVR_G2Female」を1.00にすると、モーフの構造が完全に女性の初期状態になります。

この状態でMale MorphsタブのUse Female Morphs On Maleにチェックを入れると、Female Morphsタブで女性のモーフを適用できるようになります。既存キャラの場合はキャラの形状が完全に再現されるはずです。

この状態はモーフだけが女性化している状態なので、Skinや髪型・服装は再現されません。

女性髪を男性に適用する

女性髪は男性のHairタブでは表示されません。VaMルートフォルダ\Custom\Hair内にあるFemaleフォルダの中身をそっくりそのままMaleフォルダにコピペするだけで、男性のHairタブにも表示されるようになります。

ただし、AddonPackagesを通してインストールされている髪型は、VaMルートフォルダ\Custom\Hair内には存在しないので、別途.varを解凍してMaleフォルダに移動する必要があります。.varはrarファイルと同様の構造ですので、rarを解凍するソフトで解凍が可能です。.var内のファイルを取り出した後、外部に流出されることが内容注意してください。

女性髪を編集して保存した際などはまたMaleタブにコピーするのが面倒ですし、AddonPackegesの問題もあるので、このあたりはそのうちVaMの標準機能になるだろうと思います。

女性服を男性に適用する

髪とは違い、女性服を男性に適用させるには変換が必要になります。DAZが必要になり工数も多いのでここでまたの機会に解説します。VaMHubにはふたなり用の服もアップロードされているので、興味があれば覗いてみてください。

女性テクスチャを男性用に変換する

一番ネックになる部分で、こちらもDAZでの変換作業が必要になるほか、ペニスのテクスチャとボディテクスチャをマージ(ブレンド)する必要があります。

DAZで女性モデル用テクスチャを男性モデル用に変換する方法は以下のPDFにまとめられています。(英語)

Female to Male skin texture conversin guide

この作業を完了してもペニステクスチャは存在しないので、別途作成する必要があります。

ペニスのテクスチャとボディテクスチャをシームレスにブレンドするにはまた別の技術や画像編集ソフトが必要になってくるので、今回は割愛します。

ふたなり化したい女性キャラの顔テクスチャを男性モデル用に変換したのち、既存のふたなりキャラの顔テクスチャと画像編集ソフトでブレンドすることで、ペニステクスチャとボディーテクスチャのを回避することもできます。

ふたなりの仕様

コリジョンが少なくSoftPhysicsが機能しない

男性モデルは女性よりも低負荷に作られているため、コリジョンが少なく、また高級な乳揺れと尻揺れが機能しません。

VaM2.Xで女性と同等の機能を与えられることが期待されています。

テッセレーションが働かずメッシュがカクカク

女性に対してはテセレーション(スムージング)が働き、メッシュの頂点数よりもなめらかな曲面で描画されますが、男性では機能しません。

ペニスは頂点数がかなり少なくにカメラが近づくとカクカクが目立ったり、ある程度以上の巨乳になると影ががたがたしてしまったりと、ふたなりが実用に耐えられません。

FUTA/MALE BODY SMOOTHER TESSELLETION

上記リンクのプラグインを男性Atomに読み込ませることでテッセレーションが機能するようになります。必須プラグインといっても過言ではありません。

身長の影響でペニスがおかしくなる

股間回りのボーンが身長の変化に対応していないため、低身長にするなどして股間のボーンと他のパーツの距離がずれると、ペニスの位置とペニスのボーンの位置とが乖離してしまいます。

単純にふたなりにするだけでも少しずれ、身長と低したり足を長くする(=胴体が短くなる)ほど大きく乖離するようです。

Intensityがゼロに近いあたりの弛緩時のペニスが蛇口のように曲がったり伸びたりするのが大きな悪影響です。0~1への変化でなく、0.2くらいからスタートさせると、伸びてしまうのを回避できます。

まつげが違う

BaseFemaleとBaseMaleとで内蔵されているまつげが違い、男性モデルから女性モデルのまつげを呼ぶことができません。

Skin Textureとは違い、まつげは男女でUVが一緒なので、女性用まつげテクスチャ(アルファ)があれば読み込んで使うことができます。ただ、まつげの画像データはVaMフォルダ直接配置されているわけではないのでプレイヤーが流用することはできません。

ちなみにHanaは女性のLashes4を使っていますが、もとはおそらくDAZのVictoria5のものです。読み込んでみると微妙に違うんですが、濃さなどを調整するとほぼ同じになります。さすがにまつげだけのために買うのは辛いので、持ってる方以外は男性用のまつげで妥協しています。

別物ですが、wolmarc氏が公開している女性用まつげがあります。

https://discord.com/channels/363274293112602636/647848861712252963/705531441382948865

もし他に配布されているまつげをしってたら教えてね!

まとめ

自在にコントロールでき、触れることすらできるVaMのふたなりチンポは、ある面では現実を超越できる夢の技術です。存分に楽しんでください。