VaM1.18.1がリリース! この新機能はもはやマイナーアップデートではない。

本日、日本時間7時頃、VaM1.18.1がリリースされました。前回のVaM1.18.0.6からのマイナーアップデートをなぜわざわざ記事化するかといえば、それは、このアップデートにマイナーらしからぬ目玉機能が追加されているからです。

VaM1.18.1更新内容

以下はPatch Notesを意訳し、掲載順など編集を加えたものです。

追加機能

Sim Hair V3 –カスタムヘアの作成とスタイリング

  • 頭皮の改善:頭により近い
  • 頭皮は頭のモーフと一致するようにラップされています。包まれた頂点から直接髪の芽が出て完璧に一致します
  • 改善された照明:ストランドごとの明るい中心。深さと色のバリエーションを増やすためのランダムライトセンターパラメーター
  • 改善されたカール:パーティクルの根本から先端軸に基づいた方向になりました。より詳細に制御するための新しい曲線パラメーター。長さ一定のカール頻度。より多様な新しい乱数パラメータ。カールリバースと軸の交互配置のための新しいオプションがより多様になりました。

髪に「Sim Enabled」オプションを追加

髪に「Collision Enabled」オプションを追加

スタイリングに関するTips

スタイリングはVRをおすすめします

3Dオブジェクトを正確に移動して髪を操作する必要があるため、スタイリングツールの使用にはVRをお勧めします。

デスクトップを使用する場合は、ツールをドラッグして移動します。回転するには、ツールのLeftCtrl +ドラッグまたはLeftShift +ドラッグを使用します。画面上で右マウスドラッグを使用して、別のアングルビューのビューをすばやく回転します。

スタイリングの保存

”Save Style”ボタンをクリックすると、スタイルモードが停止し、simモードに切り替わります。

リリースされたソフトではKeep Styleという名前のボタンでした。

製作したスタイルがいくらか失われたように見えるかもしれません。ここには2つの要素があります。

スタイルを適切に保持するには、スタイルジョイントを作成する必要があります(ボタンは黄色に変わります)このプロセスは重く、スタイル設定後にスタイルジョイントを保存・再生成したくない場合もあるので、自動的に実行されません。

もう1つの要因は、Root->Middle->Tipの剛性パラメーター(Style Rigidity)の設定です。これらは、髪がスタイルをどれだけしっかりと保持するかを制御できますが、設定が高すぎると髪が硬くなり、動きをシミュレートしません。

クイックスタイル

クイックスタイルの場合、スタイルモードで頭を動かすことができます(トグルをクリックして、別のノードの移動を有効にする必要があります)。

髪を作成するときはデフォルトポーズで行う

髪のツールはこのポーズに従って配置されるため、髪を作成する前にPersonをデフォルトのポーズにします。また、頭皮マスクの編集は現在、スキンメッシュでは動作できないため、編集はベースTポーズメッシュで行われます。

ツールの強度

さまざまなスタイリング効果を実現するためにツールの強度を変える

Pullツール

プルツールは、テールやスリックバックなどのプルスタイルを作成するのに非常に便利です。頭全体に非常に大きなプルツールを使用して、髪の毛をすばやく揃えてみてください。

Holdツール

片方の手でホールドツールを使用し、もう片方の手で別のツールを使用して、髪の一部を所定の位置に保持する。

World Scaleを駆使して細部を編集する

ワールドスケールを使用して頭部を拡大縮小することで、より大胆に、より繊細に髪を編集できます。

追加コンテンツ

  • 新しいシステムを使用して作成されたいくつかの髪のサンプル

微調整

  • パターン化された外観を防ぐためのサブヘア位置のランダム性の改善
  • 頭はほとんどの場所で自動コライダーシステムを使用して、髪や衣服とのコリジョンを改善しました。
  • 改良されたSim Hairシェーディング–根本近くの鏡面シャドウイング(シムヘアV2とV3の両方)

バグの修正

  • 縮尺でヘアカールが機能しない問題を修正
  • いくつかのモーフで歪みを引き起こしていた女性ダミーの皮膚移植設定の不一致を修正
  • 髪の壊れた「スナップ」ジョイントを修正しました。
  • ヘアテッセレーションでのGPUバッファーオーバーランの問題を修正しました。いくつかのクラッシュを引き起こしている可能性があり、わずかなパフォーマンスヒットでもありました
  • GPUコライダーの必要性を登録解除せず、パフォーマンスを低下させる、SIM衣類の無効化の問題を修正

ベータ制限と注意

  • Custom Scalp(頭皮)のインポートはまだありません。
  • コリジョンの精度を高めるために頭部に多くのコライダーがあり、Hair Simとシェーダーの変更がまだ最適化されていないため、1.18.0.6よりパフォーマンスが低下しています。

1.18.2のカスタムヘアシミュレーションの計画

  • 頭皮の選択肢を追加する
  • カスタム頭皮インポート
  • マルチスレッドスタイルの共同作成
  • サブスタイルのサポート(スタイルプリセット)
  • より多くの組み込みスタイルを作成する
  • 剛性ペインティング(ルート->中間->先端曲線パラメーターを使用する代わりに、ストランドごとにカスタム剛性を使用できます)。
  • 最適化
  • (多分)異なる数のSegmentとシミュレーションパラメーターを持つセクションを持つマルチセクションヘアのサポートを追加

アップデート方法

VaMルートディレクトリにある「VaM_Updater.exe」を起動しパッチを当てることができます。マイナーアップデートなので、1.18のキーを所有していれば、あらたにキーは必要になりません。

現在ベータ版なため、Beta Opt Inにチェックを入れないとアップデートできません。

新機能の詳しい使い方

こちらでHair Creatorの解説をしています。役立ててね!

VaMの髪スタイリング機能。ついに自分でキャラの髪型スタイリングできる時代が来た!