VaM_Updater.exeの更新が必要です。 Windows7は追加で設定も必要になります

最新のバージョンは1.20.0.10です。

2020年3月19日より、既存のアップデータ(VaM_Updater.exe)に問題が発生したため、VaMがアップデータから更新できなくなりました。

新しいアップデータをダウンロードし、既存のものと置き換える必要があります。下記のリンクからダウンロード可能です。

https://1497387886.rsc.cdn77.org/Release/VaM_Updater.zip

ダウンロードしたzipを解凍し、VaMのルートフォルダ(VaM.exeがあるフォルダ)に配置します。この際配置する場所が正しければVaM_Updater.exeを上書きするか尋ねられるので、そのまま上書きしてください。

初回起動時、Windowsのセキュリティ機能が発動します。

最初は実行しないというボタンしかありませんが、詳細情報をクリックすることで、実行ボタンが表示されます。

実行を押すとアップデーターが起動します。

以前のアップデータと使用面での仕様変更はありません。右下の緑のボタンで最新版へのアップデートが開始されます。

なお、Beta版が最新の場合は、「Beta Opt In」にチェックをいれることでBeta版へのアップデートが可能です。

3月19日8時現在、パッチノートの更新はありませんが、1.19.0.5へのアップデートが可能です。

1.19の詳細についてはこちらから確認可能です。

VaM1.19.0.5がリリースされました。更新内容の日本語で解説します

Windows7での問題

新しいアップデーターの通信規格(TSL1.2)と、Windows7の標準の通信規格(TSL1.0)が違うため、Windows7ではアップデーターがエラーを起こします。

これはセキュリティに問題がある古い通信規格(TSL1.0)を廃止するという世界的な流れを汲むものです。

通信規格を設定することで、Windows7でもアップデーターが使用可能になります。

また、VaM1.19以降のPackage機能での通信にもTSL1.2が必要になるので、Windows7を利用している方は設定しておきましょう。

Windows7でTSL1.2を有効にする方法

まず、下記リンクを参考にWindows 7アップデートを適用してください。

 

Windows Update の利用手順 – Windows 7 の場合

完了後、Windowsレジストリエディタを起動します。

Winキー+Rを押してファイル名を指定して実行を表示させ、regeditと入力してレジストリエディターを起動します。

レジストリにこのエントリを追加して、TLS 1.2を有効にします。

レジストリの場所 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ SecurityProviders \ SCHANNEL \ Protocols \ TLS 1.2 \ Client
名前 DisabledByDefault
データ

0

レジストリの場所はウィンドウ左のファイルツリーで、HKEY_LOCAL_MACHINEから順に選択していきます。

Protocolsの階層まで行ったところで、Protocolを右クリック「新規→キー」をクリックし、新しいキー #1を追加します。

新しいキー #1が追加されたら、新しいキー #1を右クリックし、名前の変更からTLS 1.2にリネームします。(半角スペースを挟むのを忘れずに!)

TSL 1.2を右クリックし、「新規→キー」して同様の操作で新しいキー #1をClientにリネームします。

Clientを右クリックし、「新規→DWORD(32ビット)値」をクリックして、DisabledByDefaultという名前のDWORD値を作成します。新しい値 #1という名前の値ができた場合はリネームしてください。

値は元から0なので、あとはWindowsを再起動すれば設定完了です。