コンテンツ共有スペース「VaM Hub」がオープンしました

コンテンツ共有スペース「VaM Hub」がオープンしたので、詳しく解説いたします。

これまでVaMではRedditや公式Discordを使ってコンテンツ(ユーザーの制作した追加データ)を共有していました。しかし、Redditはコンテンツ共有の面では使いにくく、Discordは古いものはどんどん追いやられ、さかのぼるのが大変でした。

この2つが別れていたせいでクリエイターはどちらにも投稿しなければいけませんでしたし、クリエイターによっては片方にしかアナウンスしない場合もありました。

VaM Hubのオープンによって全てのVaMコンテンツ情報が一つの場所に集約され、ユーザーにとっては探しやすく、クリエイターにとっては管理しやすくなります。

VaM Hub概要

VaM Hubは、VaMのコンテンツ共有を目的としたウェブサイトです。一言でいうと、VaM用のNexus modsの用な感じです。(ただしVaM Hubは公式であり完全に合法)

コンテンツの共有を主としていますが、フォーラム機能も有しており、あらゆる部分で既存の関連コミュニティに置き換わりうる総合コミュニティとしての側面もあります。

VaM Hubでは以下のことできます。

  • 自分のアカウントを作成
  • 作成したコンテンツの共有
  • コンテンツの閲覧・コメント・評価
  • フォーラムでの質問や技法共有などのユーザーコミュニケーション

VaM Hubへのアクセス

https://hub.virtamate.com/resources/

上記リンクからアクセス可能です。アクセスすると以下の警告が表示されます。

以下翻訳:

警告。このウェブサイトは成人専用です

本ウェブサイトは、18歳以上(またはアクセス元の司法管轄区の同意年齢)の責任ある大人のみが使用することを目的としています。本ウェブサイト内で利用可能な素材には、裸体や性行為の描写や性的な文章表現が含まれており、18歳未満の方がアクセスしてはなりません。18歳未満の方が本ウェブサイトにアクセスすることは、管轄区域の法律で禁止されている場合があります。

以下の「同意する」をクリックすることで、以下の記述が正確であることを表明します。

  • 私は成人であり、少なくとも18歳であり、管轄区域内の同意年齢です。
  • 私は、私の地域社会でアダルト素材にアクセスし、所有する法的権利を持っています。
  • 私は、18歳未満の者が本ウェブサイトに含まれるいかなる資料にもアクセスすることを許可しません。
  • 私が自発的にこのウェブサイトにアクセスすることを選択しているのは、利用可能な様々な素材を見たり、読んだり、聞いたりしたいからです。
  • 私は、成人の裸体、性行為に従事している大人、またはその他の性的な素材を不快に感じたり、不快に感じたりすることはありません。
  • 私は、素材の性的性質に不快感を覚えた場合は、速やかにこのウェブサイトから退出します。
  • 私は、自分のコミュニティの基準と法律を理解し、これを遵守します。
  • 私は、本サイトにログオンして本サイトの一部を閲覧することにより、本サイトの所有者またはその従業員が本サイトに掲載されている資料について責任を負わないものとします。
  • 私は、本ウェブサイトの利用規約が私の本ウェブサイトの使用に適用されることを認め、これらの規約を確認し、拘束されることに同意しました。

同意しない場合は、以下の「同意しない」ボタンをクリックしてウェブサイトを終了してください。

同意できれば、「I Agree」をクリックしてサイトに入場します。

トップページ
できたてほやほや

トップのページはHotなコンテンツが並ぶリソース(追加コンテンツ)ページです。

Resources一覧ページ

リソース(コンテンツ)の一覧ページでは、共有されたコンテンツを探すことができます。

ダウンロード数表記や5段階レーティングや、リアクションエモートなどの機能があり、人気のあるコンテンツが一目瞭然です。

カテゴリー

コンテンツのカテゴリー(Categories)を解説します。

入手区分

Catgoriesのトップレベルはコンテンツの入手区分で別れています。

Free

無料で入手できるコンテンツです。無料だからといって何をやっていいわけではなく、各コンテンツごとに著作権が決定されていますのでそれにしたがってください。

Eary-Access

時限付で無料化される有料コンテンツです。無料化される時限以降は無料コンテンツと同等に扱うことができるようになります。

Paid

有料コンテンツです。主にPatreonで支援している場合のみにダウンロードできるコンテンツの紹介です。

コンテンツカテゴリ

各入手区分の下にコンテンツカテゴリがあります。

入手区分によって別れているので、たとえばScenesでシーンを探しても、カテゴリリンクがFreeのものだったら、Freeのものしか見つける事ができません。

各カテゴリ名は読んで字の如しであり追加削除されそうなので割愛します。

並べ替え(フィルター機能)

フィルター機能でもカテゴリ同様に絞り込めますが、現状はクリエイター名以外はカテゴリーと変わりません。

フィルター機能で公開時間、リアクションスコア、レーティング、ダウンロード数などで並び変え(Sort by)できます。

フィルター機能はここから

Resouces個別ページ

リソース一覧ページなどから各コンテンツをクリックすると個別ページに飛びます。このページでコンテンツのダウンロードや概要や参考画像、使い方、ライセンスなどを参照できます。

右上のあたりにDownloadリンクが有り、直接ダウンロードが可能です。有料コンテンツや移行が行われていない一部のコンテンツは、外部サイトに飛ぶ場合もあります。

また、画面右のJoin the discussionボタンから、コンテンツに関する議論のページに飛べます。Redditの1000倍見やすいです。

コンテンツに関する質問はここで誰かが先にしているかも。議論に参加するにはアカウントが必要です。

アカウント

画面右上のRegisterからアカウントが作成できます。

閲覧ダウンロードにはアカウントは不要ですが、レビューなどの機能にはアカウントが必要になります。

筆者の所感

Discordのようなリアルタイム性は無いのでDiscordには依然人が集まりそうですが、Redditに対してはほぼ上位互換といってさしつえないでしょう。筆者もこれからはこちらに無料コンテンツを投稿することになりそうです。

現在コンテンツの評価をエモーションとレーティングのどちらの方式にするかの投票が行われていますが、両方という結論になりそうです。レーティングは生生しいですが、完全な匿名性でなくコメントも必要っぽいので、機能するのではないかと思います。Redditの頃はPaidコンテンツというだけで低評価がついたり、票の操作などが行われていると度々議論が巻き起こっていました。

なにより、日本ユーザーにとってはRedditはあまり馴染みなく仕様も独特だったので、これでより直感的になったのではないかと思います。日本のユーザーコミュニティもそのうち作ろうと思いますが、まだまだ優先度は低いです。Hubのフォーラムにスレッド建てるとかはありかもですね。