圧縮されたデータの「解凍」で迷ったら

コンピュータにおける解凍について混乱しがちなポイントを解説いたしますので、解凍作業でつまずいたときにお読み頂ければと思います。

解凍について

解凍とは、圧縮したデータを非圧縮状態に戻すことです。これについては、コンピュータを持っている人ほとんどは理解しているとおもいます。

ただし、この通り認識してしまうと思わぬ落とし穴にハマってしまう場合があります。それに関係するのが「圧縮データそのもの」と「解凍ソフトの仕様」です。

解凍の罠

例えば、圧縮データ「example-data.zip」というファイルがあるとします。これは、「data1.txt」と「data2.txt」という2つのファイルを圧縮したデータとします。

つまり圧縮データの中身は、「data1.txt」と「data2.txt」であり、これらが正しい意味での「解凍したデータ(ファイル)」となります。

しかし、Windows標準のZip展開機能や、WinRARなどの多くの解凍ソフトにおいて、データを解凍する際にとくに何も操作しないと、「example-data」というフォルダが新規作成され、そのなかに「data1.txt」と「data2.txt」が生成されます。これが、混乱を誘うポイントとなってしまっています。

「example-data」というのは「解凍したデータ」ではなく、「解凍したデータをまとめておくために作成されたフォルダ」です。

ですので、「ファイルを、VaMのルートフォルダに解凍します」や「解凍したデータをVaMルートフォルダに配置してください」などの指示があった場合には「解凍したデータをまとめておくために作成されたフォルダ」の中のファイルをすべて選択して、配置するのが正しい手順です。

また、Windowsのエクスプローラーを含む多くの解凍ソフトにおいて、圧縮データをダブルクリックで開いて中身を開いたときに、フォルダやファイル群が表示されると思います。ほとんどのソフトでは、これらのデータをまとめて選択しそのまま配置先にドラッグアンドドロップすれば自動的に解凍されるはずです。「まとめておくためのフォルダ」の作成をスキップできるため手順も少ないです。解凍したデータの配置先が決まっている場合はこの方法をおすすめします。

指示が間違っている場合もある

まれに、データ配布側が「解凍したデータを~」といっているにもかかわらず、その通り解凍してもうまくいかないという場合もあります。これは、配布する側が、「圧縮するデータをまとめておくためのフォルダ」を圧縮しまった場合などに発生します。

こういうミスがあった場合は指示通り作業しても問題を解決することができません。こういう場合は、『配置先のフォルダ構造やファイル名と、解凍したデータの中のフォルダ構造やファイル名を見比べて「あーなるほどそういうことね完全に理解したわ」となる』ことや、配布者に質問することによって問題が解決することができます。

説明が簡素でごめんなさい

配布しているデータの導入手順において、「解凍した~」というふうに簡素な説明にしているために導入作業で混乱を誘ってしまっておりまして申し訳ありません。

例えば、『解凍してできた「AddonPackages」「Custom」「Saves」というフォルダをVaMルートフォルダに~』というような書き方をすれば、齟齬を減らせると思います。

ただ、VaMではこれまでに大きな仕様変更によってフォルダ構成が代わり、それに伴い配布データの形式も変わることがあります。具体的なファイル名などを指示の中に含んでしまうと、その指示をまるごと書き換えなければならなくなり、手間が増えるのはもちろん、修正を見逃した場合にさらなる混乱を誘うリスクがあります。

このように、説明を具体化するほど修正におけるリスクが大きくなりますので、通じる前提で説明を簡素にすることも必要であることをご了承ください。

コンピュータを使っていく上で誰もが一度は解凍作業でつまずくと思いますが、この記事が何かの助けになったら幸いです。